ご近所にすること|低費用で引越しする方法とは【新生活の為に節約する】

低費用で引越しする方法とは【新生活の為に節約する】

電卓と住宅模型とトラック

ご近所にすること

女性

最初が肝心

引越しをするときにするのが、引越しの挨拶です。今まで住んでいた家のご近所と、新しい家のご近所に挨拶に行くのが礼儀です。今まで住んでいた家のご近所には、これまでお世話になったお礼を言います。深い付き合いがあった人には新しい家の住所も教えておくと付き合いが続きます。新しい家のご近所への引越しの挨拶はとても重要です。最初に挨拶をしないでおくと、きっかけを逃してしまいます。引越しをした当日には手土産を持参して挨拶に行くのがベストです。マンションの場合、挨拶に行くといいのが両隣と上下階の部屋の住民です。顔見知りになっておけば、防犯対策になります。また、マンションでよくある騒音トラブルを避ける効果もあります。

持参するもの

引越しの挨拶をするときに持参するが、のし付きの粗品です。のしがついていなくても、何かしら手土産を持っていけば、挨拶をするきっかけが掴めます。持参する手土産は、万人に喜ばれるものがお勧めです。日常生活で使う消耗品は、よく挨拶品で利用されます。無難ですが、誰もがもらって助かるアイテムです。洗濯用の洗剤、食器洗い用の洗剤、ゴミ袋、タオルなどは、主婦がいる家庭を中心に喜ばれます。食べ物なら日持ちするものを持参するのがマナーです。生ものは足が速いので、もらっても困ることがあります。また、まったく自炊しない一人暮らしの人にとっては迷惑です。日持ちがするクッキーの詰め合わせなどは、子供がいる家庭を中心に喜ばれます。